野志克仁|のし克仁|笑顔広がる人とまち 幸せ実感都市 まつやま ~一人でも多くの人を笑顔に~
のし克仁後援会

メニュー一覧

のし克仁TOP

お知らせ・活動報告

「絵手紙でつなぐふるさと松山」を開催

目的

松山市は明治22年(1889)年12月15日に市制が施行され、今年で130年を迎えます。これを記念して、「温故知新」をテーマに「絵手紙でつなぐふるさと松山」を開催します。
絵のある手紙「絵手紙」を全国に広めたのは、松山市出身で現在は東京都狛江市在住の絵手紙創始者 小池邦夫先生です。小池先生と一緒に小学生から大学生までの若い世代が、松山で最も古い歴史を持つ「かやまち商店街」で、お店の人と話したり、スケッチしたり、交流しながら絵手紙の題材を探します。書き上げた絵手紙は商店街の各店舗に送ります。

日時

令和元年12月14日(土曜日)  13:00~16:00

etegami4

場所

味酒公民館 3階 集会室 (松山市松前町5丁目1‐6)

内容

13:00~13:30
 講話 「動かなければ出会えない
       ~小さな絵手紙がまちを動かす~」
 絵手紙創始者 小池邦夫 先生
13:30~14:10
 かやまち商店街フィールドワーク
14:10~16:00
 絵手紙制作:商店の人に送る絵手紙を書きます。

参加者

小学生~大学生 20名程度